FC2ブログ

お疲れ様でした

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。

昨日で今年度の放射線取扱主任者試験が全て終了いたしました。
受検された方、本当にお疲れ様でした。

長い期間の勉強に本当にお疲れかと思いますので、しばらくはゆっくりと休んでください。

9月上旬頃には、原子力安全技術センターのホームページに正答が公表されるかと思います。
それからゆっくりと自己採点してみて下さい。

スポンサーサイト



第二種試験、頑張って下さい

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。

第一種放射線取扱主任者試験を受験された方は本当にお疲れ様でした。

本日は第二種放射線取扱主任者試験が行われます。
第一種に引き続き第二種を受験される方、また第二種のみ受験される方、皆さん今日一日頑張ればゆっくり休めます。最後の力を振り絞って、全力を尽くしてください。

頑張ってください。

応援しています。

ふー


最後まであきらめない気持ちで

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。

昨日の試験ができた方もできなかった方も昨日のことは忘れて今日に集中しましょう。
特にできなかった方、今日の試験を受験するのを止めようかと思っている方もいるかもしれませんが、必ず最後まであきらめず全力を尽くしてください。

過去にも、初日の試験ができず2日目の試験を受験するのを止めようかと思っていた方の中で実際に合格した方も何人もいます。

何事も最後まであきらめない気持ちがとても大切です。

頑張ってください。

応援しています。

ふー

自信をもって

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。

今日から2日間、平成27年度の第一種放射線取扱主任者試験が始まります。
もうすでに会場に到着している方、現在移動中の方みえるかと思います。

今まで自分が勉強してきたことに自信を持って臨めば大丈夫です。安心して下さい。

試験開始までおよそ1時間ほどあります。今のうちにたくさん緊張しておいてください。
試験が始まれば開き直って、慌てず、ゆっくりと、しっかり問題文を読む、そしてできない問題は飛ばし、できそうな問題からしっかりと得点を重ねていってください。

頭が真っ白になりそうなときには、大きく深呼吸をして自分を落ち着かせましょう。

ブログの読者の皆さんを応援しています。

頑張ってください。

ふー


試験に臨むにあたって

ブログをご覧いただいている皆さん、おはようございます。

明日、明後日は今年度の第一種放射線取扱主任者試験です。第二種も受験される方は明々後日金曜日までの3日間になります。皆さんが今まで頑張ってきた努力を見せる場です。悔いない試験にしてください。

何事にも本番に強い人と弱い人がいるかと思いますが、その違いは気持ちの持ちようが大きく影響するように思います。たかが試験と思えば、出来なくても大したことはありませんので気楽な気持ちを持ちましょう。
緊張しない人はいませんので安心して緊張してください。そして十分に緊張した後は、開き直りましょう。なるようにしかなりません。リラックスリラックス。

試験に臨むにあたり簡単なアドバイスを書きたいと思います。

・試験開始前着席したら眼を閉じ肩の力を抜いて大きく深呼吸して下さい
・試験開始後は分からない問題に時間を費やさないようにして下さい
 できる問題、得意な問題から解き確実に得点して下さい 
・時間が余っても退出せず、見直しをできる限り行って下さい
 必ずケアレスミスがいくつかあります
・残り5~10分は必ず見直しの時間をとって下さい
 マークミスがないか確認すること
 分からないで飛ばした問題に何でも良いのでマークすること
 飛ばした問題がある場合は、マーク位置がずれていることもあります

私個人の勝手な経験では、選択肢に迷ったら最初の勘を信じた方が以外と正解のような気がします。考えすぎは良くないのかもしれません。

問題文は必ずしっかり読んでください。
解ける問題を勘違いで得点を失うことが後々一番悔いが残ります。
試験本番では焦る気持ちも分かりますが、焦って問題文を読み間違えたり簡単なケアレスミスをしないように。自分が焦っていると思ったら、一度深呼吸して落ち着くように自分に言い聞かせてください。

そして、先日も書きましたが見たことのない問題も必ず出ますので安心して飛ばしましょう。過去に出題されていない問題を解ける人は誰もいません。最後に時間が余った時に解けばいいのです。最後の見直し時にマークだけは何かしておきましょう。5択ですので勘が良い方は一問ゲットです。

放射線取扱主任者試験は休憩時間が比較的長くあります。休憩時間を有効に活用して下さい。前の試験でできなかったところ、あやふやだったところは休憩時間に概論や問題集で調べておくと次の試験に役立つこともあります。
放射線取扱主任者試験では、各科目が密接に関わり、重複する分野も多くあります。物理で出題された問題に関係する問題が化学で出題されることもよくあります。特に核種などは同じ核種が出題されることもあります。
前の試験でできなかったところの復習を休憩時間にしておくと次の試験に出題されるかもしれません。

また、会場では、開始前や休憩時間に他の受験生の方も一生懸命勉強しています。
自分が勉強していないところ、知らない内容のことを勉強している人もいます。また、周りの方がとても賢く見えます。不安な気持ちになることもあるかと思いますが、あまり他の人のことは気にぜず、自分のペースで試験に臨んでください。
この試験に向けて努力した自分を信じて下さい。

明日、明後日(二種も受験される方は明々後日も)は、遅くとも試験開始30~40分前には会場に入るようにして下さい。
しっかり勉強してきた人なら、気楽な気持ちで普段の通りの力で試験に臨めば自ずと良い結果が付いてきます。

そして、試験前日は早めに休んでしっかり睡眠をとることも大切です。

このブログにお越しいただいている皆さんが合格できることを祈っています。
頑張ってください。

応援しています。

ふー


頑張れ!

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。
今日は8月12日です。
社会人の方も今日からはお盆休みという方も多いのではないでしょうか。

今日はちょうど試験一週間前になります。今日から今週末の土日までの5日間最後の力を振り絞って試験勉強を乗り切ってください。

この時期に私が受験生の方に伝えたいことは、毎年同じようなことになってしまいますので昨年度の記事をお読みいただければ分かるかと思います。
昨年度の記事の一部を以下に抜粋します。


長い時間勉強してきた皆さんにとっては、試験本番が近づいてきています。
準備はいかがですか?
初めて受験される方、昨年度の受験の経験のある方、また数回受験の経験のある方、皆さんそれぞれの想いがあるかと思いますが、悔いのない試験にしてください。

このブログに書いてることは大部分暗記、また理解していただけたでしょうか?
このブログに書いてあることを大部分暗記、また理解していただけたら、少なくとも物理、化学、生物に関しては合格圏内に到達できると自負しています。

試験前は、誰でも不安に思います。
見たことのない問題が出てきたらどうしよう?と思います。
見たことのない問題が出て、頭が真っ白になったらどうしようと思っている方に、一言、
「過去問題になかった見たことのない問題もでます!」
そんな問題はあっさり捨てましょう。
出たらどうしようと不安になっているから出た時焦ってしまうのです。最初から出ることが分かっていたら焦らないで済みますよね。見たことのない問題はあっさり飛ばして次に行きましょう。 次です、次、次行きましょう。
見たことのない問題ばかりだったら、誰も解けません。自ずと配点が変わったり、合格点の調整があります。
合格者は、例年通りの20~30%くらいに落ち着くように得点調整をすると思いますので安心して試験を受けてください。

放射線概論と過去問題を頑張って勉強してきた人なら合格できますので自信を持って臨んでください。

一番怖いことは、体調管理です。
この時期、暑くて冷たいものの飲み過ぎ、食べ過ぎ、また睡眠不足などで試験当日に体調を崩すことが一番怖いことです。せっかく、今まで努力してきたことが、水の泡になってしましますので、体調管理にだけは今一番気を付けてください。

ブログを見て下さっている皆さん、あと少しです。頑張れ!


残り一週間、今まで自分が勉強してきたことの復習、そして基本事項の確認に全力を注いでください。

努力は裏切りません。
努力は必ず報われます。

受験生の皆さんを応援しています。


ラストスパート

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。
全国的に猛暑日続きで暑い毎日の中、試験勉強大変かと思いますがあと少しですので頑張って下さい。

既に8月に入り、試験まで2週間余りとなっています。
今まで勉強してきた時間を無駄にしないためにも、残り2週間をラストスパートのつもりで乗り切ってください。

これからの勉強は、

過去問題を通して今まで自分が行ってきた勉強の復習を行ってください。
基本事項や用語の確認、暗記すべき数字の確認をしっかり行ってください。
毎年出題される基本問題、頻出問題をしっかり理解し何回も解き直してください。

そして、試験当日の戦略も立ててみてください。
幾度とこのブログでも書いていますが、物化生、管理測定技術は時間が足りなくなることがあります。
過去問題を時間を測って解いている方はお分かりかと思います。大問が6問ある中でどの問題から解答していくかを自分なりに考えておいた方が良いかと思います。
物化生、管理測定技術では試験時間は1時間45分ですので、最後の10分間を全体の見直しに確保するとした場合、実際に問題を解答できる時間は大問1問あたり16分弱です。解ける問題、解けない問題を早めに見極める必要があります。

物理、化学に関しても同様なことが言えます。
物理、化学では試験時間は1時間15分ですので、最後の5分間を全体の見直しに確保するとした場合、実際に問題を解答できる時間は1問あたり2分ちょっとです。計算問題に時間を費やしすぎると30問を1時間15分で解答できなくなります。

6割正答できれば合格ですので、解けない問題は諦めることも重要です。
当日はその雰囲気にのまれ、緊張し、また見たことのない問題にパニックになったりと、想定以外のことが起こり、なかなか想い通りには行きませんが、6割正答できるための時間配分なり戦略を自分なりに考えて試験に臨めると良いかと思います。

考え方次第では、まだ2週間もあります。
最後の最後までもがいてください。

応援しています。

追伸:
過去問題解答解説をご注文いただいている方、誠にありがとうございます。
試験までの日数も短いため、ご注文いただいた当日または翌日中にはお手元に過去問題解答解説が届くように迅速に対応させていただきますのでよろしくお願いします。




プロフィール

ふー

Author:ふー

ランキングに参加中
もしよければクリックお願いします
FC2ブログランキング
もしよければクリックお願いします

FC2Blog Ranking

訪問者
現在の閲覧者数
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR