FC2ブログ

残り2か月が勝負です

ブログをご覧の皆さん、こんばんは。
いつも当ブログにお越しいただきありがとうございます。
今年の合格に向けて、当ブログが皆さんの勉強のお役にたっていれば嬉しく思います。

さて、第一種を受験される方は2か月後の明日、明後日はいよいよ本番ですので、試験勉強ができる期間は今日からちょうど残り2か月ということになります。

残り2か月はひたすら過去問題を解くに尽きます。
何回でも何回でも問題を暗記してしまうくらい過去問題を解いてください。
同じような問題が何回も出てきますし、同じような解説を何度と目にします。同じような解説をめんどくさがらずに必ず毎回読んでください。反復学習で必ず身に付きます。
「この問題はできるから・・」と言って飛ばしたりすることはよくありません。必ず何回でも自分の頭と手を使って紙に書きながら解いてください。計算問題は必ず最後まで計算して答を出し、解答と照らし合わせ正解していることを確認してください。式だけ書いて答を出さずにいると、思わぬ勘違いで間違った式をいつも書いている場合もあります。
「ただの勘違いだから大丈夫」と思っていると、試験ではその独特の雰囲気や緊張にのまれて必ず同じ過ちを犯してしまいます。

練習でできても本番でできないことは多々ありますが、練習でできていないことは絶対本番でもできません。決して日頃の勉強をおろそかにしないで下さい。

もう一度言います。
毎日の勉強では必ず答まで出して解答解説で正解していることを確認して下さい!
解説は必ず毎回読んでください。同じ解説を何回も読めば暗記しなくても自然と頭に入っていきます。

過去問題を解く際の注意事項として、
・必ず時間を測って解くこと(試験と同じように分からない問題は飛ばしましょう)
・電卓は使用しないこと

試験では必ず見たことのない問題が毎年少しは出題されます。
見たことのない問題は、受験生みんなが解けませんから安心してください。そのためにも見たことのある、すなわち過去に出題された頻出問題、重要問題は必ず解けるようにしておいてください。6割得点できれば合格できますので、過去に出題されたことのある問題を確実に得点できる人と、そうでない人で合否が別れます。このブログにお越しの皆さんは必ず前者の確実に得点できる人になってください。

これからの2か月間は、自分のやりたいことも少し我慢し勉強時間に割いてください。
平日4時間、休日8時間を目標に勉強して下さい。

頑張れば必ず10月の合格発表時に「頑張って良かった!」と思えます。このブログを卒業していった方は、皆さんこれからの最後のスパートを頑張った方ばかりだと思います。

10月に「合格しました」報告を是非聞かせてください。

頑張ってください。
応援しています。

スポンサーサイト



中性子の弾性散乱

ブログをご覧のみなさん、こんにちは。

昨日、中性子の弾性散乱に関して、コメントにご質問をいただきましたのでここで触れてみたいと思います。

中性子の弾性散乱に関しては、第7版の放射線概論では第9章(P122)に記載されています。中性子が原子核と弾性衝突する場合、原子核の反跳エネルギーに関する以下の公式ですね。



ここで、

Eは原子核の反跳エネルギー
mは中性子の質量
Mは原子核の質量
Enは中性のエネルギー
φは重心系で考えた場合の中性子の散乱する角度

です。

エネルギーEnの中性子が原子核に弾性衝突した場合に、衝突された原子核が得られる反跳エネルギーはEとなり上式で計算できます。
反跳エネルギーEの最大値は、上式からも分かるようにcosφが-1のとき、すなわち散乱角φが180°で中性子と原子核が正面衝突し、中性子が180°後方に跳ね返る場合です。



中性子の質量mは1ですので、M=1である原子核、すなわち陽子(水素原子の原子核)との衝突ではE=Enとなり、中性子が最初にもっていたエネルギーは全て原子核に与えられて中性子は止まります。そのため、中性子の遮へいは水素を多く有するポリエチレンなどや水が使用されるのです。

原子核の反跳エネルギーの平均値は、およそ最大値の半分程度と言われています。
すなわち式で表すと、




中性子の弾性散乱は重要事項ですので、是非過去問題を通して計算できるようにして下さい。



受験申込期限間近!

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

今年の放射線取扱主任者試験を受験される方は、申込期限が6月15日(月)までです。
申込期限が迫っていますので、まだ申し込みをされていない方は早めに申し込みをして下さい。

試験実施日
 第一種試験:平成27年8月19日(水)、8月20日(木)
 第二種試験:平成27年8月21日(金)

受験申込みは以下のようになっています。
 申込書配布期間  平成27年5月11日(月)~6月15日(月)
 申込期間       平成27年5月15日(金)~6月15日(月)

絶対合格する!

ブログをご覧いただいている皆さん、こんにちは。

梅雨入りしましたね。
今日は梅雨も一休みで晴れ間が覗いていますが、湿度が高く蒸し暑く感じられます。

蒸し蒸しした日に勉強することは大変ですが、残り2か月ちょっと頑張ってください。

6月に入り10日が経ちましたが過去問題を順調に解いていますか?
最初のうちは過去問題を解いていても解けない問題がたくさんあるかと思いますが、解答や解説、放射線概論に戻って理解できるよう努力してみてください。ただ、どうしても理解できない問題などはそればかりに時間を取られすぎないように気を付けてください。
過去問題を何年間分か解いていると、同じような問題、似たような問題が多々出てきます。毎年のように出題されている問題は基本問題、重要問題、頻出問題のいずれかですので必ず理解し解けるようにしておいてください。今年の試験でも必ず出題されます。

先日も書きましたが過去問題を解くにはかなりの時間を費やしますので効率よく解くことを心がけてください。
過去問題は読んでいるだけでも勉強になります。電車の中、昼休みなどを利用して過去問題を読んでみてください。声に出して読めれば一番良いのですが、なかなか周りに人がいるとそうもいかないかと思いますので心の中で噛み締めながら読んでください。
正しい設問は丸ごと暗記するのも良い勉強だと思います。
ただ、過去問題を読んだだけで解いた気分になってしまうのは禁物です。
過去問題を読むという勉強法は、ちゃんと時間を測って自分の手で書いて解いた後に、その復習の一環として翌日の通勤時間、昼休みなどを利用してもう一度問題を読み直すという意味ですのでくれぐれもお間違いないよう気を付けてください。

過去問題だけでなく、問題集の解説を読むことも良い勉強法とは思います。ただ、バイブルとして一番よく利用されている通商産業研究社出版の問題集は正直解説が親切とは言えません。この解説だけを読んでも理解できず、結局は放射線概論に戻って調べ直しながら勉強を進めていかなくてはなりません。結構時間がかかります。
過去問題のコピーを用意して、自分なりの解説を朱書きしながらオリジナルの解説集を作成できるといいですね。
メジカルビュー社のマスターノートは、自分で書き込んでオリジナルの参考書を作成するかたちになっています。
ただ、マスターノートも・・・

いずれにせよ、自分が一番勉強しやすいスタイルを早めに築きあげ、それを信じてやり続けることが大切です。

「絶対今年の試験に合格する!」という意気込みで残りの2か月本気になってください。

応援しています。


プロフィール

ふー

Author:ふー

ランキングに参加中
もしよければクリックお願いします
FC2ブログランキング
もしよければクリックお願いします

FC2Blog Ranking

訪問者
現在の閲覧者数
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR