FC2ブログ

得意教科をつくろう

ブログをご覧の皆さん、おはようございます。

4月に入ってから雨の多い毎日でしたが、ようやく雨も上がりこれからは春らしい晴天の日が続きそうです。と言っても、春も短くすぐに暑くなってきそうですね。
私は体育会系な人間なので夏が好きです。寒いのは苦手ですが、暑いのは平気なんです。エアコンがなくても生きていけるかもしれません 笑
しかし、勉強は良い環境で行えた方が頭に入りやすいですよね。

放射線取扱主任者試験は、真夏の8月に試験が行われます。
6月からの追い込みの時期には、暑い日も続き勉強が身に入らない時もあるかと思います。長い試験勉強においてはやる気が出ない日や調子の出ない日も多々あります。そんな時は、少しの間勉強から離れて自分をリフレッシュすることも非常に大切なことです。日頃勉強に頑張っている自分に少しのご褒美をあげてください。

脳はストレスがあるとなかなか働いてくれません。
食べたいものをずっと我慢してダイエットをしても、それが逆に脳にストレスとなり、ダイエットが長続きしなかったり逆に反動でリバウンドが起こることもあり得ます。

勉強でもダイエットでも「一週間頑張ったら一日は自分にご褒美をあげる」、こんな方法が長続きできる秘訣ではないでしょうか。

そして、勉強で言えることは、やる気が出ない時、やりたくない時は好きな教科、得意な教科をやりましょう。勉強においては「苦手な教科を作らなこと」、「得意な教科を伸ばすこと」、この2つが非常に大切です。

第一種放射線取扱主任者試験において、物理、化学、生物、物化生、管理測定技術、法令の6教科の中で、2教科得意教科があると非常に強みになれます。物理や数学など理論的な教科が得意な方は、物理や化学、物化生の物化分野、管理測定技術の測定分野などを得意教科に、また暗記が得意な方は生物、法令、管理測定技術の管理分野を得意教科としてください。
勉強していく中で、自分は何が得意なのかを知っておくことは合格に向けて非常に大切です。得意教科を伸ばしてください。

試験までちょうど4か月となりました。
勉強が順調に進んでいる方は過去問題を解き始めている方もいるかと思います。過去問題を解き始めている方は、まだ今の時期は時間を気にせず一つの問題にじっくり時間をかけて解くことも重要です。すぐに解答を見るのではなく自分でとことん考えて、覚える勉強ではなく理解する勉強をしてください。

まだ過去問題を解き始めていない方も焦る必要はありません。基礎をしっかり放射線概論で学んで下さい。ただ、どんなに遅くとも6月からは過去問題を解き始めてください。6月から過去問題を解き始められるように、6月までの勉強の計画をしっかりと立てながら進めてください。

どのような資格試験も傾向やパターンがありますので、過去問題をしっかり理解しながら解いておけば必ず6割の合格基準には達します。

4か月前の今日からは勉強のギアを一つ上げて頑張ってください。

スポンサーサイト



重要事項の確認を

こんばんは。

8月に入り、試験まで3週間弱となりました。
今年受験をされる皆さん、体調はいかがでしょうか?
ここ2,3日は、夜も過ごしやすく勉強もしやす日が続いているのではないでしょうか…

あともう一頑張りですので頑張って下さい。

この時期は、新しいことには手を出さす、今まで自分が勉強してきたことの復習、確認をしてください。
重要分野は毎年試験に出題されています。

・暗記しておくべきことをもう一度確認してください
・基本的な計算問題、公式をもう一度確認してください

以前、このブログでも物理、化学に関して過去問題の出題傾向を簡単にまとめた表をアップしました。
再度アップしますので、重要事項の確認に役立てていただければと思います。

物理
物理

化学
化学

過去問題は最後の最後まで解き続けてください。
重要事項は毎年必ずと言っていいほど出題されていますので、確実に得点できることが合格への近道です。

最後の最後まで諦めずに1点を取りに行ってください。


1か月前

こんにちは。

暑い日が続きますが、みなさん勉強の方は頑張っていますか?
放射線取扱主任者の試験は8月の一番暑い時期に試験がありますので、当日はもちろんですが、追い込みの試験勉強をしている今の時期も大変かと思います。
まずは体調あっての勉強ですので、体調を崩さないことを第一に頑張ってください。

試験までちょうど1か月になりましたので、この3連休は勉強ばかりしていた方も多いのではないでしょうか・・・。

人生の中で、後々振り返ってみて、本当に一生懸命頑張ったと思える時期が幾度かあっても良いように思います。
この資格がどうしても欲しい方、今を是非その時期にして頑張ってください。

これからの1か月は、自宅での勉強は過去問題三昧に尽きます。
必ず試験と同じように時間を測って過去問題を解き、解き終わったら解答解説をチェックし、間違った箇所を必要に応じて放射線概論で復習する。
この繰り返しです。
過去問題の正答率は8割を目標にしてください。

できれば、自分で解答用紙を作成し、解いていくと良いかと思います。
以前、このブログでも紹介していますので参考にしてみてください。
 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

過去問題の解説は、一番の参考書でもあります。
上手に活用して下さい。

これからの勉強法

ブログをご覧の皆さん、こんばんは。
いつもブログにお越しいただきありがとうございます。

今年放射線取扱主任者試験をj受験する方は、残り1か月半の最後の追い込みの時期に差し掛かっているかと思います。
1か月半という期間で準備できることは限られています。

これからの勉強方法について、いくつか気が付いたことを箇条書きにしてまとめてみます。

・過去問題中心に勉強を進め、できるだけ多くの問題を解くことで理解を深めること
・過去問題は最低3年間、できれば5年間分の問題を3回りすることが理想
・過去問題を解くときは必ず時間を測って行うこと(化学、物化生、管理測定技術は時間が
 足りなくなります)
・計算問題に関しては、これからは電卓を使用せず手計算で行うようにすること
・今まで使用してきた参考書、問題集を反復学習すること
・捨てる分野(理解できない分野)は捨てる勇気をもつこと(得意分野でしっかり得点できる
 ようにすること)
・生物、法規、管理測定技術の管理分野は暗記が中心なので今からでも十分間に合う

などです。
また気が付いたことがあれば書いていきたいと思います。

「最後まで諦めないこと」
「今できることをしっかりと行うこと」

が大切です。

頑張ってください。
このブログをご覧いただいている方が一人でも多く今年度の試験に合格することを願っています。

勉強法(化学)

だいぶ春らしく暖かくなってきましたね。
今夜から明日にかけて雨になるようですが、一雨ごとに暖かくなってきそうです。

3月も残り3日となり、来週からは4月ですね。
4月から新しく社会人になる方、大学、専門学校に進学される方、また転勤、転職などで仕事が変わってしまう方、いろいろな方が見えるかと思いますが、新しい生活を楽しむとともに頑張っていただきたく思います。

長い人生、良いこともあれば悪いこともあるかと思います。
私は人生の7,8割は苦労や大変なことなのではないかと思っています。残り2,3割の楽しみ、喜びのために人は毎日を頑張れるのではないかと思っています。

さて、4月になると8月の試験まで残り4か月半となります。
余裕をもって勉強に取り組んできた方は、本格的に過去問題に取り組んでも良い時期にきています。
過去数年分を3回り解けたらいいですね。(できることなら5回できれば完璧です)
もちろん、まだ過去問題まではとてもとてもという方も十分間に合いますので大丈夫ですよ。
私が受験した時には、4月半ばに受験を思い立って、ゴールデンウィーク明けの5月半ばに初めて放射線概論を手に入れ、勉強を始めましたので・・・(正直かなりきつかったですが・・・笑)

昨日、化学の勉強法に関してコメントをいただきました。
今日は、少し化学の勉強法について私が思うことを書いてみたいと思います。

放射線取扱主任者試験の科目の中で、皆さんが一番苦手または得点が取れない科目に挙げているのが「化学」ではないでしょうか?実は私も本番の試験では化学が最も低い点数(23/30)でした。
放射線概論を読んでいても、化学が最も量も多く範囲も多岐に渡っているので、化学の科目で得点を取るには、万遍なく勉強しておくことが必要かと思います。

まずは、化学に対して自分の基礎知識がどの程度あるかを考えてみてください。
高校化学の知識がどの程度ありますか?

高校化学の知識があやふやならば、高校化学の参考書から勉強することをお勧めします。
以前も書きましたが、大学受験をするわけではないので、参考書全部を学習する必要はありません。放射線取扱主任者試験で問われる分野に関するところのみで結構ですので、高校化学の参考書を勉強してみてください。
過去問題を解きながら、苦手分野、わからないところを高校化学の参考書で勉強する。このような勉強を繰り返してみてください。

放射能に関する問題、核種に関する問題、また放射化分析やホットアトムなど、放射線そのものに関する分野は放射線概論を調べればよいかと思いますが、一般化学分野である周期表に関することや原子構造、気体発生や沈殿、モル計算などは高校化学の参考書で勉強した方が分かりやすいかと思います。

試験はまだ先ですので、苦手科目の克服を行える時間は十分にあります。
気ばかり焦るよりも、ゆっくりと時間をかけて基礎から勉強しなおした方が意外と近道なんですよ。「急がば回れ」、「学問に王道なし」です。

もちろん、高校化学に関する知識が既にある方は放射線概論と過去問題中心の勉強法でよいかと思います。

いずれにせよ、苦手科目ほど多くの年数の過去問題を解くことが重要かと思います。


このブログでも、化学に関する勉強法について以前少し触れたリンク先を以下に記しますので参考にしてみてください。

 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-191.html
 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-192.html
 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-193.html
 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-194.html
 → http://radioisotope1.blog.fc2.com/blog-entry-199.html



プロフィール

ふー

Author:ふー

ランキングに参加中
もしよければクリックお願いします
FC2ブログランキング
もしよければクリックお願いします

FC2Blog Ranking

訪問者
現在の閲覧者数
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR